クリスマスパーティードレス50代のおすすめや注意ポイントをご紹介!

クリスマス

クリスマスパーティはとても華やかなドレスをイメージしてしまいますが、

50代にもなると、派手な衣装には気後れしてしまいますね。

 

しかし、ある程度そのパーティのドレスコードは遵守していかないと、

逆にその場から浮いてしまいます。

 

ヒールのある靴に合わせて、スカートにするか、

パンツにするかなど、お悩みどころは沢山あるでしょう。

 

品よく、エレガントに装うために注意するポイントを考えてみましょう。

スポンサーリンク

クリスマスドレスはスカートか、パンツか?

パーティと言うと、ある程度のフォーマルな雰囲気が求められます。
会場がご家庭か、ホテルやレストランかでも変わりますが。
寒い時期です。
ラフにならないようにスカートにするか、行き帰りの防寒対策も

兼ねてパンツにするか、というのもポイントになりますね。

 

しかし、50代にもなりますので、スカートも少し長めのエレガントなものや、

パンツもウールのツイードなど、品のある着こなしが出来るものが良いですね。

 

トップスにある程度ボリュームがあるものを選んで、

ボトムスをタイトにまとめてみるか、

 

逆にトップスをタイトにまとめて、

太目のベルトなどでポイントをつくり、

そこから腰回りのボディラインを隠してくれるような

ふんわりしたデザインのロングスカートなどを合わせてみると、

シックにまとめられて素敵ですね。

 

クリスマスっぽい色遣いなどを取り入れるのも良いですが、

ベースは黒やグリーンなど、濃い目の色を選んで

まとめてみるのもよいかもしれません。

ドレスの色は差し色にクリスマスカラー!

年齢を重ねると、日常的には鮮やかな色遣いの服が増えていく方も多いですが、

クリスマスの装いは、全般的に赤や緑が多用されるので、

 

そうした色はお子さんや若い世代のお嬢さんたちにお任せして、

大人女子たちは少し違う傾向でクリスマスパーティのドレスを楽しんでみませんか?

 

たとえばベージュや、松葉色などの渋めのグリーンをベースにしたニットや

裾が長めのワンピースに、赤、グリーン、ゴールドなどの

アクセサリーやスカーフなどを差し色にして楽しんでみるのは如何でしょうか。

 

この季節にしかつけられないクリスマスツリーのブローチや、

サンタさんモチーフのプリントの生地を使ったスカーフ、

また、クリスマスカラーの上質なシルクや

カシミアのストールを羽織ってみても素敵です。

パールやゴールドのネックレスやピアスなど、普段使いから

少しアゲた感じのドレスアップに加えて、少しチープな

雰囲気の季節もののアクセサリーで抜け感を演出してみても良いですね。

クリスマスドレスに合う小物の演出は?

クリスマスツリーやサンタさんなど、クリスマスの時期にしか

使えないデザインやモチーフがありますね。

50代になっても、そんな非日常性とワクワク感が

好きな方は沢山いらっしゃるでしょう。

 

せいぜい身につけられるのは11月からクリスマス当日という

期間限定ものなので、それほど高価なものは買えませんが、

あったら楽しいですよね。^^

 

パーティ用のバッグなどで赤や緑のものというのは難しいですが、

黒やベージュのシンプルなバッグにプラスして、

クリスマスカラーのスカーフを結んでみたり、

 

バッグチャームにキラキラしたラインストーンを使った

クリスマスモチーフのものを合わせても素敵ですよね。

 

そこで、実用を兼ねてスマホのケースにそんなモチーフの製品を使ってみたり、

スマホリングなどのアクセサリーに赤や緑のリボンを

つけてみたりしても可愛くて目を引きます。

パーティ会場でさりげなく、落ち着いたドレスに映える演出としても、

こうした小物を合わせてみるのも50代の大人女子のたしなみでしょう。

落ち着きと、そこそこの華やかさが合う

50代にもなると、ある程度の落ち着きと、そこそこの華やかさを

演出するくらいがクリスマスパーティの

ドレスコードに合うのではないでしょうか。^^

 

地味すぎても寂しいし、派手過ぎると浮いてしまう、

その間を上手く調整するのはいろいろと

難しいものではありますが、せっかくの機会です。

 

季節の楽しい行事として、ちょっとした非日常を楽しむためにも、

少しキラキラしたアクセサリーなどを選んで楽しんでみるのは如何でしょうか。

スポンサーリンク