航空自衛隊入間基地航空祭が大盛り上がり!お土産やブルーインパルスを堪能♪

全国各地スポット

スポンサーリンク

埼玉県入間市と狭山市の間にある航空自衛隊入間基地は、

普段は一般人は入ることが許されません。m(__)m

が!しかし!

一年に一度、11月3日の文化の日には航空祭

が開催され、ひろく開放されます。

近隣だけでなく日本全国から集まるファンの数は30万人とも言われ、

ブルーインパルスのアクロバットフライトなどで大盛り上がりするのです^^

自衛隊の基地としては珍しく、駅が隣接している場所

航空自衛隊の基地は、そのほとんどが辺鄙な場所にあり、

航空祭が開催されても臨時バスなどを利用しなければならないのです。

しかし、この入間基地だけは例外で、なんと、

西武池袋線の線路が基地内を横切るというレアなシチュエーションになっています。

また、その駅も基地に隣接していて、年に一度、この航空祭の時には

直接ホームから基地内に入れるように改札が設営されています。

 

こんなにアクセスが良い基地は日本中他にありません!

そして、首都圏でもっとも大きな航空祭ということもあって、

毎年大勢の来場者がやって来ます。^_^

 

地元民は自転車か徒歩で散歩気分で遊びに行くのですが、

大きなカメラなどの機材を持って集結するファンたちの熱気は凄いものがあります!

歩きやすい靴で来てくださいね!

毎年、この前日にはブルーインパルスが松島基地から飛来します。

予行フライトが行われるのが判っているので、その情報をもとに、

滑走路の端っこのあたりや正門前のフェンスにはファンが張り付いて

写真を撮ったりして賑やかです。

当日はかなりな距離を歩きますし、基地の中は凄い混雑になりますので、

歩きやすい靴で来ることをお勧めします。

 

正門から基地内に入ると、飛行場エリアまでの間には

前述の西武池袋線の線路が横切り、踏切があります。

この日は臨時ダイヤが組まれているので、ひっきりなしに

遮断機が上がったり下りたりしていますが。

 

近年ではその安全管理のために、警視庁のDJポリスをまねたDJ自衛官が

配置されるようになり、マイクで行き交う来場者に声をかけて

場を和ませ、盛り上げてくれます^ ^

お土産屋さんやフード系の物販エリア

その先には自衛隊グッズを扱うお土産屋さんやフード系の

物販エリアが設営されていたり、さまざまなお楽しみが待っているのです。

恒例のブルーインパルスのフライトはお昼過ぎです!

ブルーインパルスのフライトは、毎年お昼過ぎに行われます。

 

そのころには飛行場エリアは立錐の余地もない状態になりますので、

小さなお子さんを連れての観覧はメイン会場から離れた方が安全です。

早めに地上展示の飛行機を見て、お土産をチェック、フードをゲットしたら、

飛行場エリアを離れて、正門わきのグラウンドなどに移動すると楽ですよー!

 

芝生のグラウンドにピクニックシートを広げてゴロゴロしながら

アクロバットフライトを見る家族連れも少なくありません!

 

メイン会場から離れるので少し迫力は収まってしまいますが、

それでもハートや星は十分に見えます。

実際、会場から駅に向かう人の流れの勢いが半端なくて、

稲荷山公園駅への入場制限がかかることも多いので、

正門から徒歩10分程度の飯能よりの入間市駅まで徒歩で移動してから

池袋方面行の電車に乗る人も少なくないのです。

ゆるゆると楽しんで、さっと撤収、これが入間基地の航空祭を楽しむコツです。

ちなみに、自衛隊グッズのショップはこちらです^^

さいごに

ドラマ『空飛ぶ広報室』が放送されて5年経ちますが、

あの頃にブルーインパルスを知ってくださった人たちも、

古参のファンの人たちも、毎年熱心に遊びに来てくれます!

 

11月3日は『晴れの特異日』と言われるほど毎年お天気が良くて、

例年地元の人たちも遊びに行ったり、自宅からブルーインパルスを眺めています。

東日本大震災で松島基地が大打撃を受けたときには

どうなることかと思いましたが、、m(__)m

 

彼らが当たり前に飛んでくれる、そんな日本は、

いろいろあるけれどまだ平和なんだと思うのです。

 

また、入間基地はグループなどで見学を申し込むと受け付けてくれるようですよ。

興味のある方は、ホームページなどでチェックしてみると良いですよー!^ ^