機内持ち込みできるジップロックのマチやサイズについて分かりやすく解説!

旅行・旅行グッズ

旅行の際、飛行機を使う場合、面倒なのが液体物の取り扱いですよね!

というのも、国際線を利用すると、100mlを超える液体については、

機内(客室)に持ち込むことができないからです。

安全面への配慮からですね。

 

つまり、女性にとっては必須の化粧水、乳液等の化粧用品、

あるいはコンタクトを使用する方であれば、

その保存液ですら制限の枠に収められてしまいます。

そこで必要なのが、液体物を適切に取り扱うためのジップロックですね。

 

気になるマチや、サイズ、おすすめのジップロックをご紹介します^^

スポンサーリンク

 機内持ち込み ジップロック マチについて

ジップロックを使用すれば、際限なく

液体物を持ち込めるというわけではありません。

 

より正確に、国際線搭乗の際のルールを明記しますと、

100ml以上の容器であれば、いかなる液体物に関しても、

航空機内に持参することは不可能です。

 

つまり、ジップロックを使用する場合でも、

容量は100mlを決してオーバーしてはならない、ということですね。

 

そしてもう一つ重要なのが、

・その液体物は「透明」かつ

・「プラスチック」かつ

・「容量が1リットル以下」の袋に一まとめにしなければならない、

・ジッパーが付随しているものを使用しなければならない、

という制限ですね。

 

これらの条件を満たすものが、ジップロック及び

それに類するものなのですが、

ここで気になるのは「マチ」(袋の底の、平らな部分)を

どう扱うべきか、ということです。

 

基本的に、マチを加味すると、容量自体は規定内に収まるのに、

マチ分でオーバーしてしまう、ということになるケースが多いです。

確かに便利なのですが、しかし、

規定を破るのであれば元も子もありません。

 

その点、ジップロックにマチはありませんから、

わたしは旅行の際はあくまでジップロックをオススメしたいですね。

機内持ち込み ジップロック サイズについて

さて、もう一つ気になるのがサイズです。

マチなしのジップロック、しかしどのサイズを選べばいいのか、

これに関しては、無論オーバーせず、かつ小さ過ぎず、

という絶妙な製品を選ぶ必要があります。

 

ジップロックには幸い多くの種類がありまして、

規定と照らし合わせると、トータルで見てわたしは

ジップロックの「中」サイズ

(どの製品の場合でも、大体18×20といった具合です)

が最も相応しいのではあるまいか、と考えます。

ここで注意を促したいのは、規定の書き方によっては

「20cm以内x20cm以内」とされている場合がある、

ということです。

 

とすると、種類によっては「20cm以上」になる、

ということになりますが、

結局のところわたしたちは「容量1リットル以下」という

条件を満たせばいいわけなので、

その部分に関する違反は特に問題視されることはありません。

 

重要なのは、最終的には全体の容量です。

というわけで、わたしは「中」サイズ^^

さいごに

旅行に必須の荷造りは、予想以上に煩わしいものです。

特にこの場合、規定を遵守していないと文字通り持ち込み不可になり、

折角の気分も沈んでしまいます。

 

まずは適正サイズのジップロックを選び、

その上で滞りなく、手荷物検査を済ませてしまいましょう。

大事なのは全体の容量です。

ジップロックであれば、密閉されているので保存状態については

安心ですし、匂いも漏れ出ませんからね。その点も心配ないと思います。

スポンサーリンク