トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園でカフェ♪赤ちゃん連れにも安心!

全国各地スポット

埼玉県飯能市には、今年の11月以降、フィンランドにもない規模のムーミンの

テーマパークがオープンすることで静かに盛り上がっているエリアがあります。

 

地元では昔から『ムーミンの家の公園』と呼ばれていた、

『トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園』です♪

スポンサーリンク

ムーミンの公式が認めた素敵な公園

この公園は20年以上、地元で『ムーミンの家の公園』として親しまれてきました。
小学校や幼稚園の遠足で、子供たちは度々訪れます。

ムーミンのお家は中に入ることもでき、木のぬくもりの溢れる、

まさにその柱の陰からムーミンが現れるのでは?!と

錯覚を起こすほどの素敵な空間があります。

 

他にもスナフキンが釣りをしている幻影が見えるような青いボートハウス、

クリスマスなどにはコンサートも行われるホールもあります。

 

遊具を使わず、森や山の中で遊ぶことを

コンセプトに作られた公園で、夏場はムーミンのお家の

裏側にある小川で子供たちは水遊びをしています^^

 

夏の昼間、日差しの強い日でも、

山側から吹き下ろす風は涼しく、とても快適です。

四季折々の美しい風景

公式サイトを見ると、四季折々の美しい風景が残されています。

 

遠足で行くと春か秋の穏やかな頃ですが、

真夏の日差しや秋の素晴らしい紅葉、また、白い雪に覆われた

ムーミンのお家は、マフラーを巻いたムーミンや

フローレンがひょっこりと顔を出すのではないかという気持ちが

湧き上がるような、不思議空間です。

 

ここはもともとムーミンの作者のトーベ・ヤンソンと縁が深く、

その著書や資料などを展示していましたが、

先年、ムーミンの公式から承認されて

『トーベ・ヤンソン』の名前を使うことが出来るようになりました。

 

市が管理する公園ではありますが、今年秋から近隣に本格的にオープンする

『ムーミンバレーパーク』の影響もあって、地元だけでなく、

一足早くムーミンの世界に浸りたい、と言うファンも訪れるようになりました。

園内にカフェがオープン、北欧の空気を楽しもう

今年6月には園内に新しくカフェがオープンしました。

駐車場から坂道を登っていくと左側に、揺らめくような屋根の平屋

(中に入ると小さい二階席もあります)の青い壁の建物が建っています。

 

季節の良いころにはパラソルが立ち並ぶオープンカフェにもなります。

食材は地元の野菜などを多用していますが、いろどりも美しい

オープンサンドやスムージーなど、

北欧テイストのランチやスィーツが並びます。

 

店内は靴を脱いで上がるので、赤ちゃん連れには嬉しいですね。

小さいですが、プレイスペースもあります。正面左から上に伸びる階段があり、

二階席に上がることもできます。窓から見える木々の緑も美しく。

なんだか北欧にワープしたような不思議な気分になりますよ。

さいごに

真夏の日差しがきつい日に遊びに行ったのですが、

とてもゆったりした気分で遊べました^^

 

小さな子供がバシャバシャと水遊びしているのが羨ましかったですね!

次回は秋か、冬の寒いころに行ってみようと相談しています。

 

電車だと西武池袋線元加治駅から徒歩20分程度です。

車だと圏央道入間インターから20分程度、駐車場は無料です。

スポンサーリンク