ネックレスプレゼントは嬉しくない?つけなかったら彼を傷つけてしまった?!

クリスマス

「え、なんかいや!」「気持ちはうれしいけどちょっとつけづらいなあ。」
わたしももらってすぐのときはそう思いました。

 

もらったネックレス、こちら側の理由でつけたくない、

でもプレゼントしてくれた相手を傷つけたくない、そんな経験ありませんか?

わたしの体験談をふまえながら、相手をどうしたら傷つけずに、

かつ自分の思いも満たすやり方を考えていきましょう。

スポンサーリンク

ネックレスのプレゼントは重い

わたしがプレゼントとしてもらったのは20歳の頃。

付き合って一か月記念日です。

まだお互い照れくささや友だちの延長のような雰囲気のなかでの

そのプレゼントは、正直うれしさより重たさのほうが強かったです。

(まだ付き合い始めたばかりでプレゼント??わたしなにも用意してないし!)

そんな思いで胸がいっぱいになりました。

デザインはキラリと輝く5ミリ程度の装飾がひとつのみで

チェーンは短めの鎖骨くらいまでのもの。

当時はそのデザインもどうもかわいいと思えず
(なんでこれを選んだんだろう?)
と思ってしまっていました。

 

また、ネックレスと一緒にシュシュも入っており、
(20歳でシュシュはきつい!!どういうつもり??)

とイライラした気持ちも重なり、よけいネックレスが

変に見えてしまったのかもしれません。

 

とにかく当時のわたしは、元々アクセサリーをつけるタイプでもなかったので

身につける気はさらさらなく、タグもついたまま家で保管していました。

それがどれほど相手を傷つけていたのかも知らずに。

ネックレスをつけないと彼が傷ついてた?

それから数か月、彼とは順調にお付き合いは続きました。

同じ専門学校で同じクラスだったので共通の友だちも

混ぜて遊んだり、デートをしたり。

とっても楽しくてわたしはネックレスの存在を忘れてしまっていました。

そんなある日。いつものように彼や友だち数人とカラオケに行ったときです。

彼がトイレに行っている間に共通の友だちから
「そういえば、〇〇(彼の名前)からもらったネックレス、つけないの?」
と聞かれました。

「なんでネックレスもらったこと知ってるの!?」
わたしは目を丸くして驚きました。

 

なぜって彼と付き合い始めてしばらくは、周りに内緒にしていたし

プレゼントの話も一度も話したことがなかったからです。

「だって、〇〇が、『俺のあげたネックレス、

一回もつけてくれない、、、。』って嘆いてたから。」

その言葉でさらに私は目を丸くしました。

 

彼はなにも言わなかったしふつうに一緒にいてくれたけど、

実はずっとプレゼントをつけてくれる日を待っていたこと、

もしかしたら気に入らなかったのではないかと

ずっと気にしていたことを友だちから聞きました。

わたしはここでやっと、自分のしていることの酷さに気が付いたのです。

言葉を選んで自分の気持ちを相手に伝える

では、どうすればよかったのでしょう。

本人に「気に入らないからつけない」というべきでしょうか。

そんなことを言ったら、余計相手を傷つけるか、怒らせてしまいます。

わたしがこの経験から感じたことは、「相手の気持ちを

大切にしながら言葉を選んで自分の気持ちを相手に伝えること」です。

 

うれしくなかったことをストレートにいうのは論外ですが、

お礼だけ言ってつけないのは本当によくないと思います。

 

何事も「伝える」ことで気持ちのすれちがいは減りますし、

少なくとも今回の私のように彼をずっと悩ませることはなかったでしょう。

それでは、どう伝えたらいいのか。

やはり一番は相手の気持ちを大切にしてください。

「ありがとう」「気持ちがとてもうれしい」など、

プレゼントをもらった身として最低限のことです。

次に「でももったいないからかざってもいい?」

「本当に大切なときにつけるね」など相手が喜びそうで」、

かつ自分も我慢せずに済む言葉選びをしましょう。

 

もし彼がどうしてもつけてほしいというのであれば、

おうちデートやカラオケなど室内で彼とふたりきりのときに

つけるのがいいかもしれません。

 

遠出の場合は、大切でなくしたくないから、

というような言葉がけができます。

自分の気に入ったものではなくても、相手に感謝の思いを伝える

わたし自身、当時はものすごくこどもで、言わなくても相手は

気持ちを察してくれると思い込んでしまう部分があったので本当に反省しました。

 

このように、もらったプレゼントが自分の気に入ったものではなくても、

相手に感謝と自分の思いを伝えることを大切にしてほしいです。

 

ただ、相手は本当にあなたのことを思い選んでくれたということを

絶対に忘れないでください。

その気持ちがあれば、相手を尊重しながらプレゼントも大切にしあえると思います^^

スポンサーリンク