年賀状で身内の不幸はどこまでで区切る?!喪中は自分の気持ち次第なの?

年賀状

年賀状のやりとりからお互いの近況を知ることがありますよね

子どもの誕生結婚孫の誕生入学などうれしいことだけでなく

身内の不幸を知ることもあり時に驚くことがあります

 

一年に一度無事を知るいい機会ではあるのですが

スポンサーリンク

身内はどこまでで区切りますか。

身内という言葉から思うのは親子兄弟姉妹

祖父母などがまず考えつくと思います

基本的には一緒に住んでいる人が亡くなったら喪中にする

という感覚でしょうか

 

そういった意味では最近ではペットも

身内だと思う人もいるようです

 

ですので要は自分にとってどれだけ大事な人か

その人が亡くなってしばらく死を悼みたいという

純粋な気持ちに従うということでいいと思います

 

遠い親戚だけどその人が亡くなったことが悲しくて

とてもお正月を祝う気持ちになんてなれないわ

というときは喪中でいいと思います

 

はっきりとした決まりはないのですし

非常に個人的なことなので

自分の気持ち次第というところで十分だと思います

それなら、誰か亡くなったら喪中にしようかな

気持ちに従うといいましたがちょっと待ってください

 

喪中のはがきをいただいた方としては誰が亡くなったんだろう

気持ちを届けた方がいいかななど気を遣うものです。

 

年末年始の忙しい時期にそのような余裕がない人もいることでしょう

亡くなった人の続き柄を明記しないはがきのときはより注意が必要です

 

せっかく年賀状のやりとりをしていて楽しみにしている人にとっては

後日連絡してきてたとえば遠い親戚なら出したらいいのに

正直無礼だととらえられてしまう危険性もあります

 

また逆にお母さんが亡くなったのなら

日にちが経っているにもかかわらず訪ねてくるケースもあります

そのあたりの煩わしさも考えてはがきは出しましょう

子どもどうしはどうしたらいいでしょう

子どもどうしもまた悩むところですが

子どもどうしは関係なくやりとりさせたらいいと思います

 

さすがに親や兄弟姉妹が亡くなったときは

お友だちも知っているでしょうから

今年はやりとりしない理由を話すこともいいと思います

 

ですがたとえば学校が始まってから

年賀状のやりとりの話題がでたときに

もしかしたら自分だけさみしい思いをするかもしれません

 

そのあたりはそれこそ明確に決まっているわけでもないので

フレキシブルに対応していくほうがいいでしょう

 

メールで手軽にすぐやりとりができる時代

一年に一度くらいポストにはがきをいれて

また楽しみにはがきを待つという経験が

きっと子どもの情操教育に役立つと思います

さいごに

誰だって身内が亡くなるのは悲しいことです

でも現代では年賀状一枚ででも大事なビジネスツールになる時代です

 

無用な不安や誤解を避けるためにも出せる気持ちのときは

出したほうが人間関係がうまくいくようです

 

喪中のはがきを出すということはそれと同じくらい相手に

気遣いをかけるということもあわせて考えましょう

スポンサーリンク