プレゼントの財布が好みじゃない時はどうする?絶対ダメなこととは?!

クリスマス

大事な人にプレゼントを送りたいという気持ちは誰にでもあると思います。

そんな中で鉄板なのがお財布です。

 

彼氏、彼女、婚約者へどんな財布がいいのかな?

好みじゃなかったらどうしようと思う気持ちもあるかもしれません。

 

また、もらったものが好みの財布じゃなかったって事もありますよね!

そういった方にぜひ参考にしていただきたいです♪

スポンサーリンク

お財布をプレゼントしたいという方へ

お財布をプレゼントしたいという人は様々なシチュエーションがあると思います。

記念日には前の物と被らないように注意が必要です。

 

また、サプライズなんかでもプレゼントしたりする方が

いらっしゃるかと思います。

 

以前に財布をプレゼントしてしまった、という方でも

年数が経ってると傷んで来たりするので時期を見計らって

お財布をプレゼントするのもよいと思います。

 

どんなシチュエーションでも相手の好みがわからないと、

お財布選びは大変ですよね?

 

付き合って年数が経っている方々でしたら、双方の好みを熟知していますが、

浅い方では会話や着ている服装の雰囲気から察するしかないかと思います。

 

必要なのは好みの傾向を知る事です。この傾向がわかれば、

今はネット検索でキーワードを入力すれば候補は上がってきます。

 

また、お店の店員さんなんかにこの傾向を教えれば大体見繕ってもらえます。

実際にお相手とお店に行ったり、ネットで一緒に見たりして

好みの傾向を探っとくのも一つの手段かと思います。

 

この時は、プレゼントするぞ感は絶対に出さないように!

「これかわいいね」「こんなのどう?」と

お相手の感触を確かめて傾向を確認してください。

好みじゃないお財布をプレゼントされてしまったという方へ

一番困るのがプレゼントに好みではないお財布を受けとってしまった時です。

使うか、使わないか。はたまたプレゼント本人の前だけ使用するか。

使用しない場合に売るか、売らないか。

 

様々な思考が巡ってくると思います。

対応はもらった相手にもよると思います。

 

相手が親しい友人だったり、彼氏・彼女さんだったりした場合は

お財布は日常で見かけるので使ってないと気分を害すと思います。

 

親しき中にも礼儀あり。本人の前だけでもお気に入りの財布と

交換して使用するだけでよいので、ちゃんと使ってあげましょう。

 

他には相手があまり親しくない、例えばお姑さんだったりした場合。

この場合は、かなり厄介だと思います。

 

まず頻繁に合わないので、合うときにお気に入りの財布と

交換するのを忘れてしまう可能性があります。

 

そんな時は、使用するのを諦めて、とりあえず保管するのがよいかと思います。

お姑さんから何か言われたら、「大事なので家で保管してあります」

くらいの事が言えれば問題ないかと思います。

 

これは頃合いを見計らって売っても問題ないかと思います。

いずれにしても、プレゼントしてくだっさた方々への感謝の気持ちは忘れずに!

絶対にやってはいけない対処方法

好みではないお財布をもらって絶対やってはいけない事は、

プレゼントしてくれた本人にその事を直接言う事です。

 

本人はかなり傷つくと思います。

 

また、財布は金運を上げたり、下げたりもする要因になります。

好みでないことを本人にはっきりと伝えてしまうような方では

金運は勿論上がらないと思います。

 

また、やむおえず売ってしまったということが

バレてしまう事も避けたいですね。

プレゼントしてくれた方との中が険悪になることは目に見えています。

 

最後に、別の人に上げてしまったなんて方もいるかと思います。

これは絶対にやってはいけないことだと思います。

プレゼントは相手の事を親身に思って行う行為です。

 

その行為を別の方へとそのまま渡してしまうという事になってしまいます。

 

この行為はプレゼント相手にバレない場合でも

かなり運気を下げる行為になるかと思います。

 

プレゼントは相手に好意があってするものです。

その好意を粗末にしないように心がけましょう!

さいごに

プレゼントされたお財布が好みでないときにどうすればよいかをご紹介しました。

 

普通の感性をお持ちの方でしたら、相手を傷つけずに喜ぶことが出来るでしょう。

ただし、本当に好みでないものをもらって使用したくない時は困ってしまいます。

 

そんな時は、相手の気持ちを傷つけないような対応が必要であることは

どんな人でも心がけておきましょう。^^

スポンサーリンク