七五三いくらお金かかる?誰が出す?食事や写真代含め大公開!お祝いで足りた?

七五三

そろそろ三才。七五三どうしよう?
両家近郊のため、食事会も合わせてお互いの両親を招待して、

七五三を開催することにしました^^

地元の氏神様にお詣りするのが通常なのでしょうが、

都内の某有名神社で挙げたご縁を大切にしたかったので、
子どもの七五三も同じ神社で執り行うことにしました。

食事会は移動の手間を極力抑える事を考え、神社併設の式場の一室を

お借りして、料理もお祝い用のお膳を注文しました。

スポンサーリンク

譲れない母子の意見!

会場はすぐに決まりましたが、着物をどうしよう?
母目線では、可愛らしい華やかな着物を来てほしい!と、

希望していたのですが、自我が強い年頃の3歳児。

「あれやだ!」「これやだ!」を連発すること必至です。

案の定、「水色がいい!」と頑として譲りません。
仕方がないので、七五三当日の着物は神社併設の貸衣装で

水色の着物をレンタルすることに^^;

でも、どうしてもピンクで可愛い着物を着て欲しいんだけどっっっ!!

と譲れなかった母は、スタジオマリオで写真だけでも!!と

娘を説き伏せる事に成功しました。

聖子ちゃんプロデュースの着物やメゾピアノの着物、

娘のリクエストのドレスなどを着て四時間かけて撮影しました。
こういう時、スタジオアリスやスタジオマリオはお手軽な値段で衣装もたくさんあり、

気軽に利用出来るため本当に便利です。

七五三当日のあれこれ。

朝、神社併設の式場で着付け開始。
ぐずぐずすることなく、着付け完了。

 

じぃじばぁばも交え、和やかに手持ちカメラで

バジハシ写真をとり、社殿で七五三詣。

ついでに遅れはませながらパパの厄払いもお願いしました。

 

千歳飴やお土産をもらって、写真館の予約時間に

なったので移動して写真撮影。

ふにゃふにゃするのをバシッと直されながら、緊張しているのか、

バッキバキに固まった笑顔で撮影完了。

 

食事会の前に「着物を脱ぐ!」と言うので、そのままお召し替えへ。
着物のレンタル代、高かったのに・・・と思いつつ、

着付けから2時間しないで洋服に。
豪華な鯛の尾頭付きのお膳をかこんで食事会は滞りなく終了!

 

せっかくみんなが集まったんだから・・・

となぜかそのまま近くにある遊園地へ。

 

結い上げた髪に洋服と言うアンバランスな格好のまま、
メリーゴーランドで大はしゃぎの娘でした。

バタバタしっぱなしの一日でしたが、両親ともに喜んでくれてよかったです。

お金の話。どれくらいかかる?

なんだかんだと費用はかかるもの。
支出はざっとこんな感じでした!

 

着物レンタル代 26,250円
着物着付け料他 17,960円
写真代(撮影料込) 70,300円
食事代(@5,000×7名)48,279円
お土産(赤飯・紅白餅) 9,900円
その他(心付け他) 10,000円
その他(初穂料他) 30,000円

合計212,689円!

けっこうかかりました。

それに対して、いただいたお祝い。

 

個々に出すのちょっと何なので、ざっと書くと、
両家両親、親戚のおじ・おば、私たち夫婦の兄弟と

合わせて計10件で、275,000円!

 

その他に、いただいたお祝いへの内祝いの諸経費と、

スタジオマリオで撮影した分を差し引くとちょうどトントンでした。

お祝い、本当に有り難いです^^

さいごに

両家の実家が近かったので、みんなに娘の成長を

見守ってもらえた事が何よりでした。

準備などの手間はかかりますが、

孫の姿を嬉しそうに見つめているじぃじばぁばを見て、

写真だけで済ませずよかったと思っています。

後日、スタジオマリオで撮影した写真も、

じぃじばぁばに大好評でした。

気軽に利用できる写真スタジオは、本当に便利ですね!

スポンサーリンク