スキーって何が楽しいの?スキーは楽しくない?!スキーの魅力は滑ればわかる?

スキー

私は新潟県出身で小さい頃からスキーを嗜んできました。

実際には小学生になる前からやっていたので腕前には少々自信があります。

なので私の経験談からスキーの魅力をお伝えしていきたいと思います。

スキーってそもそも楽しいの?

スキーをやるタイミングは人それぞれだと思います。

家族旅行、サークルの合宿、友人たちと日帰りでなど

ある日急にスキーをやらないといけない場面があるかもしれません。

 

中にはスキーの何が楽しいのか分からないという人もいるかもしれません。

なのでスキーの魅力をお伝えしたいのですが、最初に言っておきます。

 

スキーが滑れない人には楽しさが分かりません。

 

個人的な意見ではありますがそう思います。

 

そりゃそうだと思うかもしれませんが滑れない人が

魅力を感じるのは難しいと思いますのでまずは滑れるようになりましょう。

 

そうすれば自ずとスキーの楽しさがわかってきます。

スキーを滑れると冬場の旅行の幅も広がりますので是非練習してみましょう。

スポンサーリンク

スキーってどれくらい練習すれば滑れるようになる?

先程スキーを滑れない人にはスキーの楽しさはわからないと言いました。

ならばどれくらい練習すれば滑れるように

なるんだと思う方もいるでしょう。

 

私の体験から話しますと私は一日練習したら滑れるようになりました。

 

私の両親が体育教員だったこともあり両親の指導の下

練習したらすぐに滑れるようになりました。

 

滑れるといってもゲレンデをゆっくり

蛇行しながら降りてこれるくらいですが。

友達や家族と行く場合は経験者に教えてもらいましょう。

 

教え方にもよりますがすぐ滑れるようになります。

一番いいのはスキー場でスキー教室に申し込むことです。

 

インストラクターに教わればどんな初心者でも

すぐに滑れるようになります。

 

金額もさほど高くないのでおススメです。

スキー用品って買うべき?

今まではスキーの魅力や練習量について語ってきました。

 

今度は道具についてお話ししたいと思います。

スキーを楽しむ上で道具は絶対に必要です。

 

スキー板、ストック、ウエアー、ニット帽、ゴーグル、

グローブ等最低でもこれくらいの道具は必要です。

 

全部揃えるとなると最低でも5万円は下りません。

 

もし旅行やサークル活動で今後一回二回くらいしか

スキーをやる機会がないのならスキー場で

レンタルを利用するのが一番安上がりです。

 

ただスキー場レンタルの板やウエアーは

あんまりかっこよくないです。

 

個人的な意見ではありますが、、、。

 

僕が借りた時は水色のズボンにピンクの上着という

なんとも言い難い色合いのウエアーでした。

オシャレなウエアーを着たい場合は

自分で好きなものを購入しましょう。

 

これまで色々語ってきましたが

スキーには魅力がたくさんあります。

 

ワンシーズンしかできないスポーツだからこそ

冬ならではの楽しみが盛りだくさんです。

 

外に出るのが苦手なインドア派の人も一回

スキーを体験してみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク