転職活動疲れた40代!資格を生かせる仕事に転職したいけど現実は…

雑記

人生の良いも悪いもわかってくる40代!!

色々な経験を通して精神的には安定し、

考え方にも余裕が出てきてある意味楽になってくるが、

同時にこの会社で骨をうずめるのではなんか悲しい。。。

 

新しいことにチャレンジしたいというエネルギッシュな

冒険心も少しあり、一歩踏みだす決意を実行へ!

 

わたしの年齢で新しいことをするに心配する人もいたが、

わたしの決意をうらやましいと励ましてくれる人が

意外と多かったのは驚いた。

スポンサーリンク

自分の資格を生かせる仕事へ転職!

ありがたいことに友人や親しい同僚の応援や後押しのおかげで、

新たな一歩はスムーズに進んでいった。自分の資格を生かせる仕事へ。

 

期待や夢が広がっていく!

わたしは良い選択をしたんだなという気持ちもあふれてきた。

 

これまでの自分のルーティンの生活は安定し、

ストレスが少なくて良かったが、

もう少し年を重ねてからでもその生活はできるし。。。

 

わたしも若くはないという自覚はあるので、

自分が2,3年後はどうなっているのかわからない。

 

だからこそ今なんだ。。。なんて自分に言い聞かせ、

そうだそうだと納得して前しか見ずに踏み出した。

 

もちろん年齢に関係ねく言えることだが、

人生進むときには後ろを向きながらは、絶対に前には進めない。

 

そして踏み出すには勢いもいるので、

悩んでいても一歩は踏み出せない!わたしもまだできる!

と実感しながらの一歩だった。

気持ちは若いが、現実は。。

もう一歩踏み出し歩んで行くなら、

もう後戻りは出来ないというよりしたくない。

 

勢いにおってここまできて、波に乗ってるという感じだった。

 

やっぱり、勢いは大事、タイミングに乗ることだ。

今振り返ると、調子に乗って上から

目線な言葉も発していたこともあった。

 

今思うと、勢いがあったから??なんとか書類選考を突破し、

久しぶりの面接へ。さすがに面接はいくつになっても緊張するものだ。

 

面接の会場へ丁寧に案内され待合室へ。数人の女性が待機していた。

緊張していても、感じ取った雰囲気があった。

 

明らかにそう明らかに!「わ・か・い。。。!」

 

同じようにリクルートスーツ風な装いをしているが輝きが違う

「げげげっつ!」自分でもバッチリメイクをして若作りしていても

「はあ。。。」最初に現実を突き付けられた一幕だった。

若者との違いは外見だけではない?

何度も履歴書を送り、面接へ。感じよく面接で応対して下さり、

わたしとしては感触が良くここで決まる!と思っても

なぜか上手く仕事が決まらない。。。

 

だんだんと疲れてくるし仕事への妥協もしてくる。

期待と夢はどこにいったのか。。。

 

なぜ決まらない?と思う気持ちもあるが、実は心当たりもある。。。

 

それは、「何か質問ありますか?」と言われたときに、

必ず質問してしまう。

 

今思うと若い時は気づかなかったから質問しないこともあったし、

聞く勇気もなかったが、年齢を重ねると、

自分が働くことを想定するからつい。。。

 

質問してしまう。ちょっとした意見をいってしまう。

もちろん間違ったことではないと思うが。

それは今の社会ではどう受け止められるのだろうか?

 

日本ではまだ、自分の意見を主張できる社会じゃないのか。。。

とも思ってしまう。

 

しかし、社会が年をとってる人より若い人の方が

意見を言う人より何も言わない人の方が

有利になっているといえるから仕方がないか、

 

もちろん働きだしても若い人の方が覚えや理解力が

明らか早いと言えるし、頭の回転もいいから仕方がないとわかってきた。

年齢によって得てきたものは、誰にでもある

40代自分の中ではまだ若いはずと思っていたが、

この就職活動を通してはっきりした若いというのは

本当にうらやましいが、若者とは同じ土俵ではない。

 

そして、年齢を重ねると年の功という言葉もあるように

年齢によって得てきたものは、誰にでもある。

 

そこをいい意味で自信を持ち、でも謙遜に

年を重ねていくべきだなと実感した。

 

誰もが年を取るので、尊敬され、

愛されるて年を重ねていけると良いですよね。

スポンサーリンク